インプラント治療で人工歯根の上にかぶせる人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

患者さん個々にに合わせた美しいな歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

身に着けていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作成しているため、インプラントに使われるセラミック製の義歯は、代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を装着しようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、ある程度削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に負担をかけずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント治療が最適でしょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、通常は一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとその分、人工歯の寿命が短いものになってしまいます。

自分の歯の代わりをしてくれるインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のようにお構いなくガムだって噛めるのもこの治療の良さでもあります。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、根っこになる部分ををあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでインプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいとても頑丈です。

硬さのあるキシリトールガムも、楽しめます。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療をするとするならばブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術治療法が全く違うためです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが歯茎に馴染むまで間で時間がかかり、治療に時間がかかる分だけ医療費がかかるのです。

これはどこまでが保険適用にするかも判断しにくく、他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗であるとするならば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体おこった問題、さらにあごのラインや歯並びに変形してしまう外見が思っていたようになっていない可能性もあります。

このような危険をできるだけ避けるために、実績のある歯科医を確かめ選ぶようにしてください。