頭がよくなる1分間ダイエット

自己破産は借金の額にかかわらず、支払い能力が無くなってしまった時の解決策です。
すべての借金が0になり、借金の返済に困らない生活を取り戻すことができます。
しかし自己破産には様々なデメリットがあります。
今これにハマってる。個人再生の相談をする
まず住宅や土地などの不動産、99万円以上の現金、20万円以上の預貯金など換価できる財産がある場合は差押えされます。
ブラックリストに載ってしまい、自己破産後7年から10年は新規で借入したり、クレジットカードの作成が出来ません。
一部の職業で制限があり、一定の期間で就くことが出来ません。
官報に住所氏名が記載されます。しかし官報を一般の人が見る事は少ないです。
連帯保証人は代わりに借金返済する義務が残っているので連帯保証人に迷惑をかけてしまいます。
支払い能力が無い人がご利用できる手続きで、支払い能力のある人はご利用が出来ません。
免責不許可事由に該当していると自己破産はご利用できません。
一度自己破産すると7年間は再び自己破産は出来ませんので、困ったらまた自己破産すればいいと安易な考えだと後で大変になります。
債務整理にはほかにも任意整理や個人再生、特定調停などがありますので、自己破産しなくても済むかどうか弁護士にまずは相談してみてください。